三原淳雄の言いたい放題 mihara-atsuo.com
プロフィール
三原淳雄
 

2009年09月02日
三原 淳雄

お手並み拝見?
 

 総選挙は事前の予想通り民主党の大勝利となったが、これはむしろ自民党のオウンゴールによる自滅だろう。「奢れる平家は久しからず」をまるで地で行く結果となった。それにしても「風」とは恐ろしいものだ。 
 相場もそうだが、上げ相場に乗っかりたまたま儲けたらいい気になって、ひょっとしたら自分は株の天才じゃないかと勘違いをして本を出したりテレビに出たり、そのうち大損をして消えていなくなる投資家の姿に似ていなくもない。 
 人間自惚れると碌なことはない。きっと今回風に乗って当選した国会議員のなかにもすぐ馬脚を現す手合いが出てくるのではないか。娘の風に乗って参議院議員になった女子プロの親父が好例だろう。風の向きは気紛れである。これで日本が良くなるなんて勘違いをしないことだ。投資家としてはむしろ警戒しておく必要がありそうだ。 
 
政治のリスク 
 
 政治のリスクとして頭に入れておくべきことは民主党の基本的な思想はどうやら市場には優しいとは思えないことである。鳩山代表はよせばいいのに選挙戦の最中にわざわざNYタイムス紙に寄稿し「グロバールな市場経済には賛成出来ない」「新自由主義は嫌いだ」とアメリカの毛を逆撫でするような論文を書いているし、菅さんも「金持ち優遇の証券税制の見直し」を唱えている。これではどうしたって優しい税制より投資家には厳しいアゲインストな環境になるだろう。 
 衆愚政治の怖いところはとかく目先的な人気とり政策を優先しがちになるために、結果として「金の卵を産む鶏を雛のうちに絞め殺してしまう」ことである。 
 いまの証券税制になる前にも複雑な税制が導入されそうになり、当時与党だった自民党のお偉方にもっと判り易く簡素な税にしてくれないか。こんな税制では日本の市場は死ぬとあちらこちら陳情して回ったが、その自民党ですら「それって金持ち優遇ではないのか」となかなか理解をして貰えなかったほどだから、社民党と連立を組む民主党が市場に味方にはまずならないと覚悟しておく必要があるだろう。 
 リーマンショックのおかげで取り敢えず3年は現行税率を延長されたが、財源をどうするかという議論が既に高まっているなかで、期限が切れる二年先には見直しとなるのは覚悟しておくことだ。それ以前にも経済がもっと落ち込み税収が落ち込んだりすれば、まず狙われるのは株などに投資できる人からもっと取れと期限を待たず増税となるかもしれない。 
 今回の選挙の欠点は分配ばかりが焦点となり、分配の原資となる富の創造についてはまったく議論が無かったことである。それどころか大企業性悪論的な論調が目立ったが、言うまでもなく富を社会にもたらすのは大小を問わず企業なのであり、企業が雇用や所得を生み税金を払うからこそ社会が豊かになる。その肝心な点がまったく議論されず、むしろ逆の動きになりかけているのも大いに気になる。 
 中小企業も大企業があってこそであり、大企業が日本に愛想を尽かして国外に出て行けば、雇用など増えるはずもないし税収も減るだろう。そうでなくとも金持ちにとっては住みにくい日本から、グローバルな活躍の場を求めて富裕層や企業が外国へ逃げ出すのは当然であり、生き残るためにはそうせざるを得なくなる。子育てはもちろん大事だが、その子供たちが大きくなった時に世界に誇れる日本を作るための政策がいま何より大切な喫緊の課題なのである。 
 国家100年の大計作りがいま政治が取り組むべき課題だろう。海図が無ければ船もすぐ暗礁に乗り上げるだけ。折角の政権交代なのだから基本路線を明確にし、国家総動員で新しい国を作ろうではないか。 
 目先の金持ち苛めに走るのではなく,みんなで豊かな国を作ることを目指せば、本来力はあるのだから世界のどの国よりも可能性は高いだろう。そうしなければ国民の期待はすぐ失望に変わりまた政治の迷走につながりかねない。「選ばれてあるものの恍惚と不安」という名言を民主党は肝に銘じて欲しいものである。