三原淳雄の言いたい放題 mihara-atsuo.com
プロフィール
三原淳雄
 

2005年03月25日
三原 淳雄

ライス長官の講演雑感
 

何故か米大使館よりご案内があり、ライス米国務長官の上智大学での講演に出かけてきた。講演自体は30分ほどだったが、流石IQ200といわれている彼女だけあって、簡潔で明快。どこかの国の大臣とは頭脳のほどがえらい違いである。 
 
改めて米国務省のホームページで全文を読んでみたが、きっと自ら書いた文章だろう。すばらしい草稿だった。 
 
短い時間に安全保障に関しても中国、北朝鮮などに対する米のスタンスをはっきり示していたし、もちろん今の牛肉騒ぎも触れていたが、残念なことに日本のメディアの中心は安全保障より牛肉が主で報じられていた。 
 
安全保障の方が牛肉よりはもっとウェイトが高くてしかるべきなのに、メディアにとっては肉やライブドアの方が重要らしい。 
 
メディアの公共性とは何かについても、このところ考えさせられることが多いのは困ったことである。ここで話しはフジテレビに飛ぶが、もともと素人に毛の生えたような三流タレントに、馬鹿な芸(?)をさせて使い捨て、ただ目先を笑わせることで視聴率を稼いでいたようなテレビ局が、買い占められて公共性を口にするなど、自分のことをわかっていないのではないか。だからこんな目に遭っているという反省がまるでない。 
 
芸もない連中がテレビで馬鹿騒ぎして食っている姿を見せられれば、短絡的な若者は真面目に勉強したり努力したりはしなくなるのも無理はない。いま話題のニートやフリーターを作り出しているのに一役買っていたのではないか。その意味でメディアに改めて公共性を自覚させるのに役立った堀江社長の功績は大きい。 
 
ニートやフリーターがはびこるなかで、ライス長官の講演に出席していた上智大の女子学生たちのすばらしいこと。きちんとした格好できちんと座り、しかもつぼを心得た質問を堂々としている姿を見て、日本もまだ捨てたもんではないと感じたが、対照的に男子学生のだらしなさも目についた。うす汚い格好で帽子をかぶったままデレッと座っている姿を見せられると、何れこの大学は女子大になるぞと思ったのは私だけではあるまい。堀江社長もそうだが、いま世の中に欠けているのは“躾け”ではないのだろうか。 
 
ライブドア騒ぎも牛肉も、それなりに大きなニュースではあるのだろうが、もっと大事な“国家とは”ということを忘れているのが日本のいまのメディアであることに、つくづくと気付かさせられた講演だった。