三原淳雄の言いたい放題 mihara-atsuo.com
プロフィール
三原淳雄
 

2004年10月06日
三原 淳雄

カリスマコンサルタント Fさん
 

かねがね日本ほど株にたいして偏見や誤解が多い国はないと思っているし、その誤解や偏見を正して欲しいと叫んでいるのだが、ある記事を読んで肝を潰して危うく気を失いそうになり、やおら怒りがこみ上げてきた。 
カリスマ経営コンサルタントで知られているF氏の名前をご存じの人も多いだろうし、事実経営者の間での人気は絶大なようだ。そうした経営者たちのサポートによってF総合経営研究所は株式を上場することも出来たし、最近は子会社のF財産コンサルタント社も上場している。 
この上場会社のトップが何と「株と為替は所詮ゼロサムゲームだから、そんなものはやらない方がいいし、株など社会に何の役にも立っていない」と公言しているのだから、多少の常識がある人なら開いた口がふさがらないだろう。 
株式投資をゼロサムゲームと考えること自体、この人の頭の中はどうなっているのかと疑いたくもなるし、株式公開を視野に入れずに経営コンサルタントが出来るのだろうかと、いちど彼のコンサルティングを受けた経営者の話を聞いてみたいものだ。株式投資をぼろちょんにけなしておきながら、同じ記事のなかで資産運用はF財産コンサルタントにご相談下さいとちゃっかり売り込んでいるのだが、株式や為替市場抜きにどんな資産運用をアドバイスするつもりなのか、ぜひお手並みを見せて欲しいものである。 
そうでなくとも日本では諸外国に較べて市場全般への意識も関心も理解もたりないのに、高名なカリスマさんまでこんなことでは、営々として貯め込んだ資産を外国勢にうまく持って行かれるのがオチだ。今回のシティバンクのスキャンダルが良い例だが、市場や金融に対して正しい理解を持っていないから、つい口車に乗ってしまい大損して役所に駆け込むようなことになる。 
犯罪の多発に音を上げた警察も、とうとう警察白書で「国民は自分の身は自分で守る覚悟をもて」と言い始めた。文字通り自分の身を守るのは自己責任だと言い出したのだから、市場の場合も同様で全ての責任は自分にある。Fさんみたいにほんの数ヶ月株式投資をしてみて、それでうまくいかなくなったら株はゼロサムゲーム、だから止めた方がいいと、自分の知識不足を棚に上げるようにはなりたくないものである。 
だいいち自分の会社の株主たちにどう説明するのだろうか。どうぞ我が社の株主になんかならないで下さい、何れ上場を辞退しますからと、ぜひ呼びかけてもらいたいものである。